当協会は、富山県高岡市に本拠を置く、ウオーキング愛好者の同好会です。 

 2011年6月に発足して以来、月1回の例会(プレ及び本番)を通して、地域の歴史と文化に触れ、自然を堪能しながら自らの健康づくりと仲間同士の親交を図っています。

 今日では会員数も200名を超えるまでになりました。

 当協会は「富山県ウオーキング協会」を通して「日本ウオーキング協会」に加盟し、会員には「IVV」の規定による参加回数や歩行距離に応じた記録認定を行っています。

 また、「日本ウオーキング協会」では「オールジャパンウオーキングカップ」や「東海北陸マーチングリーグ」など、さまざまなウオーキングイベントを始め、「地球一周4万キロ挑戦」の記録認定なども行っており、会員の中にはそうしたイベントに参加している人も大勢います。

 あなたも一緒に歩いてみませんか(一般参加費 500円)

第85回例会「冨岸運河と県立美術館と内山邸」

岡田准一さん主演の映画『散り椿』もう見ました?

「眼目山立山寺」の栂並木の写真は見たことありますが、内山邸が重要なロケ地だったとは知りませんでした。

その昔?韓国のドラマで「冬のソナタ」というのがありましたが、主演のペ・ヨンジュンさんの人気もさることながら、ロケ地巡りという観光ツアーが流行ったことがありました。

内山邸も映画の封切から大変入館者が増えたそうです。

『散り椿』というのは、正式な名前は「五色八重散り椿」といって、通常北陸にはないそうです。

京都に一本あったのですが、立ち回りができるようなところではなかったようです。

ところがです、なんと内山邸の裏にその「散り椿」が一本あることがわかったんだそうです。

でもどうやってこの椿の木を庭に移すか。これが問題だ!

映画というのはお金がかかるわけです。

『散り椿』について詳しく知りたい方はこちら➱https://chiritsubaki.jp/


    世界で最も美しい湾ウオーク⑧「雨晴海岸」

天気予報とウオーキング

『雨も自然』とは言うけれど、やっぱりウオーキングはお天気が気になります。

特に梅雨時は雨の確率が高いわけで、1週間前から予報を見ていても毎日ころころ変るし。前日にならないと確信が持てない。

お天気のことはいくら気をもんでもしょうがない。

しかしながら、昼食場所だけはそうも言っていられない。

まさか、雨具を着たままおにぎりを食べるわけにもいかないでしょ。

普通「道の駅」は国交省が情報なんとかといって無駄な空間を設けるんですが、道の駅「雨晴」には一応それらしい空間はあるにはあるけど・・・

ま、あの狭い敷地で相当設計には苦労したであろうことは想像に難くないのですが。

雨が降ったらどうしよう。隣に公民館はあるけれど・・・

ぎりぎりまでやきもきしましたが、どうやら雨は降らないらしい。助かった~。