当協会は、富山県高岡市に本拠を置く、ウオーキング愛好者の同好会です。 

 2011年6月に発足して以来、月1回の例会(プレ及び本番)を通して、地域の歴史と文化に触れ、自然を堪能しながら自らの健康づくりと仲間同士の親交を図っています。

 今日では会員数も200名を超えるまでになりました。

 当協会は「富山県ウオーキング協会」を通して「日本ウオーキング協会」に加盟し、会員には「IVV」の規定による参加回数や歩行距離に応じた記録認定を行っています。

 また、「日本ウオーキング協会」では「オールジャパンウオーキングカップ」や「東海北陸マーチングリーグ」など、さまざまなウオーキングイベントを始め、「地球一周4万キロ挑戦」の記録認定なども行っており、会員の中にはそうしたイベントに参加している人も大勢います。

 あなたも一緒に歩いてみませんか(一般参加費 500円)

第84回例会「頼成の森トレッキング」

「頼生の森」は昭和44年の「第20回全国植樹祭」を機に整備された県民公園である。

「もりもりハウス」の青い杉の看板の前のわかりにくい入口を入ると、県木「立山杉」が出迎えてくれる。

杉は一族一種の日本原産の常緑針葉樹で、杉と日本(人)は切っても切れない間柄である。(ヒマラヤスギは松科)

日本では古来から神様は杉の木を介して高天原から地上界に降りて来ると言われているそうです。

また、日本全国に杉の産地?があり、それぞれ名前があります。

富山県の「立山杉」秋田県の「秋田杉」京都の「北山杉」静岡県の「天竜杉」奈良県の「吉野杉」屋久島の「屋久杉」等々。

我が国は国土の7割が森林と言われています。中でも戦後1000万ヘクタールに及ぶ杉の植林は、世界的にも奇跡と言われています。

現在では天然生のスギの生育地 は 日本 海側(佐 渡 島の天然 スギ、黒部市入善の沢 スギ、 立山スギ)に 多く見られる・・・と、専門家が指摘しています。