当協会は、富山県高岡市に本拠を置く、ウオーキング愛好者の同好会です。

 2011年6月に発足して以来、月1回の例会(プレ及び本番)を通して、地域の歴史と文化に触れ、自然を堪能しながら自らの健康づくりと仲間同士の親交を図っています。

 今日では会員数も200名を超えるまでになりました。

 当協会は「富山県ウオーキング協会」を通して「日本ウオーキング協会」に加盟し、会員には「IVV」の規定による参加回数や歩行距離に応じた記録認定を行っています。

 また、「日本ウオーキング協会」では「オールジャパンウオーキングカップ」や「東海北陸マーチングリーグ」など、さまざまなウオーキングイベントを始め、「地球一周4万キロ挑戦」の記録認定なども行っており、会員の中にはそうしたイベントに参加している人も大勢います。

 あなたも一緒に歩いてみませんか(一般参加費 500円)

平成31年初詣ウオーク

今回は定塚さんと綿谷さんが50回でした
今回は定塚さんと綿谷さんが50回でした

「あらたしき としのはじめの はつはるの きょうふるゆきの いやしけよごと」

『新年の初春の今日降る雪、この豊作の徴(しるし)である雪がしきりに降り積もるように、今年良いことよ積もれ、積もれ』という詩であるが、大伴家持最後の歌であり、万葉集最後の歌でもある。

天平宝字3年(759)の正月、因幡国主大伴家持は42歳であったという。

今日は時折青空がのぞいたり、白いものが舞ったり・・・

日本の冬の天気は、日本海側の雪空と太平洋側の冬晴れと極端に分かれます。

昔は表日本気候、裏日本気候と呼んで区別していた。

現在は報道関係でも教育関係でも風土の違いを「表」と「裏」という表現で区別するのはよくないというので、太平洋側、日本海側と言い換えるようになった。

私は今でも裏日本と言いますけどね。

第8回総会・第81回ウーキングは3月21日(木・祝)

最終更新1月15日  

お知らせ