バブル崩壊後の日本がマシに見える中国のこれから


政治体制はそのまま、悲惨なディストピア時代へ

2019.2.19(火) 川島 博之

SNS管理ツール会社HootSuiteとマーケティング会社We Are Socialは、世界各国でのインターネット使用状況をまとめた「Digital 2019」を発表しました。その情報のソースはGlobalWebIndex、GSMA Intelligence、Statistaなど手堅いデータが選ばれており、信頼性はきわめて高いと思われます。
この中でも注目すべきは、世界諸国の人々が一日のうちどれだけインターネットに時間を費やしているかというデータです。これによると世界平均は6時間42分(うち半分がモバイル機器)で、実に人生の中で27%以上、年間100日超をインターネットと関わって過ごしていることになります。

調査の対象となっている世界各国のなかで、1日のうちインターネットで過ごす時間が最長の国はフィリピンで10時間2分。アメリカは世界平均をわずかに下回る6時間31分で、日本は最短の3時間45分とされています。

今年は暖冬でいいですね・・・1月26日久しぶりの積雪

最も賢い国ランキング

〇ノーベル賞受賞者 〇IQランキング 〇学校成績

久しぶりにスッキリと・・・1月4日

平成31年1月1日 二上山登拝

大辻山へ・・・11月16日・・・・・ブログ移動

乗鞍高原へー7月2~3日

早春の二上山・・・3月24日(土)

HP編集現場

パソコンは二台とも中古。

デスクトップの上に乗っているプリンターは、下が娘のお古で上がプリントできなくなったスキャナー。接続コードをいちいち繋ぎ直さなければならない。

画像処理やコース図の作製はノートパソコンでしかできない。

以前はパソコン一台とプリンター一台で用が済んだのに。

信州縦断?野宿旅

能登半島一周

昨年の11月に九州へ行ってからはや半年

ゴールデンウイークも終わって、気候も暖かくなったというのに、一向に虫が騒ぎださない。

いつかはそうなるであろうとは思っていたが、歳をとったようでなんとはなしうらさびしい。

そこで、近場で虫の様子をみることにした。

そういえば、能登半島はむか~しところどころ行っただけで、一周はしていない。

明日からなんだか暑くなるというし、腰をあげることにした。

久しぶりの野宿旅で、準備にもたもたして11時ごろの出発となった。

距離約500キロ。最終日、千里浜で思わぬイベントに遭遇した。

大伴家持が越中国司として赴任したのは746年から751年のことだが、そのころ能登は越中国になっていた。家持は赴任して2年目に能登を一回りしたと言われているが、彼はどこを回ったんでしょうね。