ASEAN識者の見る日本「最も信頼」「米中に代わるパートナー」 シンガポール調査

 ASEAN諸国の識者などを対象にした調査において、もっとも信頼できる主体として日本が1位に選出された。経済力の拡大が懸念される中国と、対中国に忙しいアメリカに代わり、頼れる第三の協力相手として有望視されている。

♦︎日本のリーダーシップに期待
 調査はシンガポールのシンクタンクである「ISEAS」が昨年12月にオンラインで実施したもので、ASEAN加盟10ヶ国のすべての国から、計1308人分の回答が寄せられた。調査対象者は政府機関関係者、学術研究やシンクタンク、NGOなど、5つの専門的職業分野から抽出されている。

 各国の影響力や信頼性などを問う設問が並ぶなか、「日本が世界の平和、安全保障、経済的繁栄および統治に貢献すべく、『正しい行いをする』ということを、どれほど信頼しますか?」という設問において、「非常に信頼する」「信頼する」と答えた回答者の割合が計61.2%に上った。ほかの主体に対する信頼度はEUが38.7%、アメリカが30.3%、中国が16.1%となっており、唯一日本だけが過半数の回答者から信頼を得た形だ。

 このうち、日本を「非常に信頼する」「信頼する」とした回答者に理由を尋ねたところ、「国際法を遵守する責任ある主体だから」が約5割でトップとなり、遵法精神が評価されている。続いて「日本の文明と文化を尊敬するから」および「多様な経済資源と世界的なリーダーシップを取る意思を持っているから」がそれぞれ約2割という結果になった。

 そのほかの設問の結果としては、自由貿易推進へのリーダーシップを期待できる主体としても、EUを上回り1位に選出されている。一方、ASEAN諸国における日本の経済的および政治的影響力を評価した回答者は少数に留まった

現地シンガポールのトゥデイ紙(1月16日)は日本への信頼度が高いという調査結果を受け、「戦略的パートナーとしてのアメリカへの信頼が衰退し、(アジア)地域における中国の影響力への非難が高まるなかで、日本はASEAN諸国が頼ることのできる思いがけない政治主体かもしれない」と報じている。強い存在感を見せてきた米中への信頼が揺らぐなかで、信頼のおけるパートナーとして日本にスポットライトが当たった格好だ。

 実際に調査の結果からは、経済面での中国の影響力の大きさと、それに対する各国の警戒心が浮き彫りになった。東南アジアで最も影響力のある経済主体を問う設問においては、79.2%が中国と回答した。一方、中国の影響力をどう見ているかという問いには、7割超が懸念していると回答している。歓迎すると答えた回答者の割合は3割未満に留まった。

 政治面でも中国の影響力は大きい。自国に最も大きな影響を与えている国家を問う設問では、52.5%が中国だと回答した。一方、こうした中国の政治的影響を懸念する回答者は8割超に上る。

♦︎アメリカ依存への危機感
 これまで強い存在感を示してきたアメリカに対しても、ASEAN諸国の人々の関心はゆっくりと薄れつつある。調査結果によると政治的影響においては、中国に続き26.7%で2位に君臨する。しかし5割以上の回答者が、この状況を危惧していると回答した。

 トゥデイ紙はこのような拒絶反応を、現時点で米中対立の只中にあるためだと理由づけている。アメリカは中国を注視し、ASEAN諸国との関係性には十分な注意を払っていない状況だ。さらには「アジアへの回帰」を掲げたオバマ政権が終わりを告げ、2016年にトランプ大統領が就任して以来、アメリカとASEANとの関係が希薄化していると指摘する専門家も多い。

 調査ではさらに踏み込み、「米中の政治対立による不安定な状況を鑑み、仮にASEANがリスク回避のため『第三者』を探すとすれば、ASEANの戦略パートナーとしてもっとも好ましく、かつ信頼できると思える主体は?」と質問している。結果、トップに挙げられたのは38.2%が選んだ日本で、31.7%で次点となったEUとの二強状態となった。米中対立でASEAN諸国との関係が揺らぐなか、頼れるアジアのリーダーとして日本に熱い視線が注がれている。

大辻山へ・・・11月16日・・・・・ブログ移動

信州縦断?野宿旅

能登半島一周

昨年の11月に九州へ行ってからはや半年

ゴールデンウイークも終わって、気候も暖かくなったというのに、一向に虫が騒ぎださない。

いつかはそうなるであろうとは思っていたが、歳をとったようでなんとはなしうらさびしい。

そこで、近場で虫の様子をみることにした。

そういえば、能登半島はむか~しところどころ行っただけで、一周はしていない。

明日からなんだか暑くなるというし、腰をあげることにした。

久しぶりの野宿旅で、準備にもたもたして11時ごろの出発となった。

距離約500キロ。最終日、千里浜で思わぬイベントに遭遇した。

大伴家持が越中国司として赴任したのは746年から751年のことだが、そのころ能登は越中国になっていた。家持は赴任して2年目に能登を一回りしたと言われているが、彼はどこを回ったんでしょうね。